★動物看護☆クロスマッチ★

動物看護実習でクロスマッチを行いました!
クロスマッチとは輸血を行う際、輸血される側の血液と、輸血する側の血液が適合するかを確かめる検査です☆

学校犬の北斗とコロ助の血液は適合するでしょうか・・・

輸血をされる側とする側の血液がごちゃ混ぜにならないように、皆で確認しながら行いました!


全ての作業が終了したら、クロスマッチ試験の評価に入ります!

赤い粒(赤血球)がまとまってしまっています・・・2頭の血液は不適合だということが分かりました・・・



クロスマッチ適合だった場合は、赤血球が1粒ずつ離れて綺麗に見ることができます。
輸血を行う際は、緊急を要する場合がありますので、スムーズに検査が進められるように練習しましょう☆