★やっぱりアジリティー~郊外実習その②★

昨日の続編です!コースに出てみよう!

トマトさんのジャンプ!ハードルのバーを高くし過ぎてしまうと、下をくぐってしまいますので要注意ですね。

グリさん・・普段使用している実習室では順調なのだけど、環境が変わるとなかなか・・。


チロルさん、ハードルクリアー!次の障害物を目指していますね!関心関心

チロルさん、次の障害物に向かいます!


ペコさんナイスジャンプ!小さいけどジャンプ力抜群です

チューブトンネルは出口付近で声をかけて誘導してあげましょう!



学生たちの姿勢もドッグトレーナーっぽくなってきたでしょ!
アジリティーはオープンキャンパスでも体験できますので、ぜひ参加してくださいね!

★やっぱりアジリティー~郊外実習その①★

日本動物21のドッグトレーナーコースです!定期的に校外実習を行っていますよ!

秋空の下でアジリティー実習です!まずはミーティング

コース上にアジリティー道具を設置します。こちらはAフレーム


そしてスラローム。ここをワンちゃんたちが走ります!

そしてコース見分!最速のコースを選定します。


イメージトレーニング!これ大事です

さぁ早速はじめてみましょうか!?準備はOK?つづく・・



教えてくれている先生はドッグトレーナーとして活躍している卒業生です!
次回(明日)もお楽しみに!

★コップの中には??★

ドッグトレーナーコースのトレーニング実習です。なにやら怪しげなコップが・・?

コップの中の匂いを嗅いで・・

中に匂いのするものが入っていたら停座(スワレ)こんな訓練です!


何も入っていなかったら座ってはダメ!!

ゲーム感覚で、ワンちゃんも学生もマッタリした実習でしょ!



ドッグトレーニングはワンちゃんも学生も楽しまなくっちゃ!!オープンキャンパスではわんわん運動会やドッグゲームが体験できますよ!

★やっぱりアジリティー!★

第2ドッグトレーニング実習室を覗いてみましたら・・

ハードル。

アジリティー実習中でした!今回のテーマは「ハードル」

スタンダードな障害物

「ハードル」はアジリティーの中でもスタンダードな障害物です。


ハードル無し

苦手なワンちゃん、最初はバー無しで環境に慣れさせてあげましょう。

進行方向へ指を向けて、ワンちゃんを誘導します。



馬術競技をヒントにしてイギリスで生まれたアジリティー!大人気の実習です。
オープンキャンパスでも体験できますよ!

★ドッグトレーナーコース1年生★

入学して半年・・学生たち、ドッグトレーナーっぽくなってきましたよ!

学生たちの担当犬

学生たちの担当犬は「学校犬」と「家庭犬」の両方を扱います。この姿、プロっぽくなってきたでしょ!

毎日お預かりしているワンちゃん

「家庭犬」は、近隣の飼主様から、毎日お預かりしているワンちゃん達を担当しています。


1週間で4犬種を担当

曜日ごとに担当するワンちゃんが変わるから、1週間で4犬種を担当犬として扱えるのですね!

担当犬に会えるのが楽しみ

担当犬に会えるのが楽しみ!こんな思いで毎日登校しています!



ドッグトレーナーコースの授業は週に5日間。うち、1日はトリミング実習を行うので、ドッグトレーニング実習は4日間行います。