★動物看護~陰睾・スケーリング手術~★

2年生看護コースが行った学校犬チョビの去勢手術(陰睾)・スケーリング手術の様子です。陰睾とは、男の子の睾丸が下りず、内部に残ってしまった状態のことを言います。

不安そうなチョビちゃん・・・「大丈夫よ~!」と優しく声を掛けながら、点滴を流すための留置針を設置します。

滅菌状態で手術します。獣医師さんにオペ着を着させるのは動物看護師の仕事です。


麻酔がかかり手術スタート!学生が器具だし、獣医師さんをサポートしました。

動物病院では避妊・去勢が多く行われます。


歯を綺麗にスケーリングした後は、研磨剤を使いポリッシング。歯の表面をツルツルにします。

終了後は綺麗な歯になりました!今後ははみがきできれいなのを維持していこうね!


2年生は4月から動物病院に勤める学生も多いので、今のうちに経験をつんでいこうね。